TUMI トラベルウォレット 19277「長財布」購入レビュー(1年使った感想)

TUMIのトラベルウォレット19277(長財布)を購入して1年が経過しましたので使い心地をレビューしたいと思います。

TUMIについて

TUMI=大人のランドセル

と私は勝手に思っているぐらいTUMIを愛用しているビジネスマンの方、多いです。首都圏で平日に電車に乗った際には特によく見かけます。出張が多いからか、地方より都市部のビジネスマンに人気があるように思えます。逆に地方に行くと、それほど遭遇率は高くないです。

空港に行くと、RIMOWAかTUMIの二択じゃないの?っていうぐらいTUMIに遭遇します。RIMOWAのキャリーにTUMIのブリーフを合わせる方も非常に多いですよね。

人気の高さは何と言っても素材の丈夫さにあります。ご存じの方も多いと思いますが、FTXバリスティックナイロンという大変丈夫な素材で作られており、長年使っても耐久性の面ではまったく擦り切れないとても丈夫な素材です。私もTUMIのビジネスブリーフを5年程度使用しましたが、見た目はちょっとくたびれましたけど、性能面では全く衰えていません。

バリスティックナイロンは傷がほとんど目立たないので、革の鞄や、アルミのトロリーと違い、傷が入りにくい、目立ちにくいので、いちいち気にする必要がなく精神衛生上の観点からも優れていると思います(笑)

TUMIトラベルウォレット19277「機能」紹介

財布の裏側 チケットやカードなどを差し込めるポケット付きです。このポケット何気にサッと差し込めるので重宝します。

マチ部分を全開にしたところ。収納力抜群です。カードポケットが3段×2列×4面=24ポケットもあります。あまりにも多すぎてどこにどのカードを入れたか少し探すのが大変な時があります。

内側部分の端にスリットがあります。ここにもチケットやレシートなどを収納することができます。

小銭入れ部分です。たくさん収納できるので、小型の財布にありがちな小銭を出しにくいことがないのでストレスフリーです。最近はキャッシュレスであまり小銭を頻繁に使うこともなくなりました。

この小銭入れには鍵の収納スペースがあります。個人的には使ったことはありませんが、ここに鍵を差し込めるようになっています。

参考までにカードやお札を入れた画像もアップしておきます。こんな感じです。レシートも折りたためば、綺麗に収納することができるので、フリーランスの方や経営者の方などはレシートの保管にも便利かと思います。あと、通帳、パスポートなんかも余裕で収納できます。私が使っているiPhoneも入ります(笑)ちょと財布がパンパンになりますけど。

TUMIトラベルウォレット19277を1年使って分かった「メリット」「デメリット」

メリット

・大量にカードを収納できる。

・パスポートや通帳も収納できる。

・旅行時など、大量に発生したレシート類を綺麗に収納できる。

・小銭入れ部分の素材が柔らかく、大きいため、小銭の取り出しにストレスがない。

・まさに旅行のための財布。

デメリット

・財布のマチが大きいので、パンツの後ろポケットやジャケットの内ポケットには入らない。

・ポケットに入らないので必然的に手ぶらに買い物に行けない。

・財布自体が大きいので鞄に入れてもそれなりのスペースを取ってしまう。

・普段の生活では24枚もカードを収納する必要がない。

・カードの収納スペースが多すぎて、頻繁に使うクレジットカードなど、いちいちどこに入れたか捜さないといけないときがある。

・財布をなくした時の絶望感が半端ない。(各種カードの利用停止手続きなど)

・キャッシュレス時代に大型の小銭入れは不要

とまぁ、メリットよりデメリット部分が多くなってしまいましたが、海外旅行、出張を頻繁にする方や、手持ちのカード類をすべて持ち歩きたい方等にはピッタリかと思います。

TUMIトラベルウォレット19277を1年使ってた感想 まとめ

今回、一年使ってみての感想でしたが、財布自体とても丈夫であと10年ぐらい余裕で使えそうです。

財布自体が厚みがあり、ポケットに入らないので、逆に傷みが少なく、普通の財布より間違いなく長持ちします。見た目もブランドものの嫌味さがなく、TPO関係なく使えるのでその点も〇です。

以上、TUMIトラベルウォレット19277のレビューでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です