GANZO 「ガンゾ」シェルコードバン2マチ無し長財布 購入レビュー

ふっぴー

こんにちは。突然ですが、GANZO(ガンゾ)の財布を購入しましたので、購入直後の使用感などをレビューしてみたいと思います。

GANZO「ガンゾ」のシェルコードバンとは?


ホーウィン社の「シェルコードバン」を内装にまで使用したシリーズ。
オイルをたっぷりと含み、やわらかな光沢と質感を備えるこのコードバンは、ピンホールと呼ばれる毛穴や毛細血管の跡が見られるほどナチュラルな仕上げ。革表面に化粧を施していないため、非常に透明感がある。透明感のある革は使い込むうちに表面に加工を施している革と比較してより自然な色の変化や艶感を使っていただくことで楽しんでいただける。ホーウィン社のシェルコードバンは世界中にファンのいる、最高品質の革である。

開封の儀

近くの大手百貨店で購入してきました。かなり上部な高級感のある紙箱に丁寧に巾着袋に入れて梱包されています。

見た目は他のブライドルレザーと比べても断トツの高級感があります。コードバン独特の光沢と重厚感が他のGANZO製品と比べても圧倒でした。

写真ではなかなか伝わらないですが、店頭で他の比較手製品と比べると一目瞭然です。もちろん他の革製品が劣るということではなく、GANZOのコードバンの高級感が半端じゃないオーラを放っています。

ナチュラルカラーは彩色を施していないので、革の風合いがそのままです。

ホーウィン社のシェルコードバンであることを証明する刻印

使用感

こんな感じです。

左側の2段目の札入れは少し札がはみ出します。

左側1段目はレシート等を収納するのにちょうどよい感じですね。裏面は黄色の裏地で金運が上がりそうですw

右側2段目のスリットにはカードが2枚収納できます。実際に収納するとカードはすべて隠れます。

免許証や保険証などを右側に段目に収納すると生活感がなくてお洒落に見えますね。

右側3段目のスリットに万札を入れてみました。ほぼ隠れるのでスッキリした印象です。

右側2段目には先ほどのカード2枚がきっちり隠れて収納されています。

まだおろしたてなので、カードは4枚がきっちり入ります。一番下の段は入ることは入りますが、財布が痛みそうなので当分はカードを収納するのはやめておいたほうがよさそうです。

実際に使用してみての注意点

傷がつきやすい

特にナチュラルカラーは彩色が施していないので、傷がとても目立ちます。

一度カードスロットにカードを差し込んだだけで線傷がついたぐらいなので・・・

とはいえ、経年変化でアメ色に変わってくると思うので、それも一つの味になってくるとは思います。

水分に超絶弱い

水分を含むとシミ水膨れになる可能性が他の革製品等に比べて高いので、扱いには注意が必要そうです。

その点が心配な方は、ナチュラルカラーより他の彩色を施した製品のほうが安心かもしれません。

ナチュラルカラーは使用する革によって表情が異なる

今回、この財布を選ぶにあたって、同じ型番、カラーのものを比較してみましたが、彩色を施していない分、全く同じ型番でも革の表情が結構違いました。

可能であれば、特にナチュラルカラーの場合は、在庫があれば、比較してみて、自分の好みのほうを選ぶとよいと思います。

保証について

このようなキンキラのギャランティーカードが付属します。

保証内容

お買い上げ日より1年以内に通常の使用状態において次のようになった場合は無料修理を致します。

  1. 金属、ホックの破損
  2. 糸のほつれ
  3. ファスナーの破損
  4. 接着のりの剥離

修理の窓口は、実際に商品を購入した店舗に相談に行く必要があるみたいです。

GANZOの直営店で購入した場合は、GANZOの直営店へ

百貨店で購入した場合は、百貨店で

楽天市場等でも販売していますが、修理のことを考えると直営店や百貨店のほうがよさそうですね。

また、数年後に経年変化を当ブログで報告させてもらえればと思います。

ちなみに2021年は3月31日天赦日 + 一粒万倍日 + 寅の日が重なる奇跡の日だそうで、その日まで家で寝かしておくことにしますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です