KIXカードで毎回2,620円得する裏技的な使い方

KIXカードとは?

正式名称は「KIX-ITMカード」と言います。

ご存知の方も多いとは思いますが、関西国際空港と伊丹空港で大変メリットのある年会費無料の会員カードです。

既に関空ユーザー、伊丹空港ユーザーで主に車で行くような人はほとんどが知っているあるいは持っているカードかと思います。

今回は、その特典と裏技的な使い方をご紹介したいと思います。





KIXカードの主な特典

①駐車場割引

まず、このために保有するだけで十分なメリットがあります。

関西空港の駐車場料金が25%オフです。

例えば、関空で24時間駐車するとすると、通常料金では2,620円かかりますが、KIXカードを精算機に通すだけで2,620円が1,960円になります。さらにレシート割引(※)と併用すると2,630円が1,330円になります。

※レシート割引とは
関空で合計3,000円以上のレシートで2時間駐車場が無料になるサービスです。KIX-ITMカードの駐車場料金25%オフとレシート割引は併用して利用可能です。補足ですが、後ほど記述する40フライトポイントで駐車場が24時間無料になるのですが、その特典とも併用可能です。

②KIXカードの提示で関西空港・伊丹空港の飲食店やショップが割引になる

ファミリーマート、無印良品、ユニクロで5%オフで買い物できます。KIXカードを見せるだけでですよ。もちろんクレジットカードと併用できるのでクレジットカードのポイントも獲得できちゃいます。コンビニで割引ってなかなかない特典ですよね。ショップ一覧はこちら



③貯まったポイントで駐車場料金が24時間分無料になる

貯まったフライトポイント国内線1往復で20フライトポイント、国際線は出国の旅に20フライトポイント貯まります。24時間分無料の特典は40フライトポイント必要ですので関空発着をたった2往復するだけで、駐車場料金が24時間無料になります。特典なしで24時間駐車場に停めるとそれだけで2,620円かかりますからね。フライトポイントは、駐車場24時間無料特典に使うのが一番オトクな使い方だと思います。

KIXカードで毎回2,620円得する裏技的な使い方

ここからがミソです。

関空を利用する度に毎回駐車場24時間無料特典をゲットする方法です。

それは家族全員でKIXカードを所有することです。私自身は、KIXカードは年齢制限もないので、小さい子どもの分も合わせて4枚もっています。

1回目の旅行時
1回の利用で20フライトポイント貯まります。例えば夫婦で利用すると、1回のフライトにつき、私20ポイント、妻20ポイントがたまります。このときは40ポイント貯まっていないので今回は駐車場24時間無料特典は使えません。
2回目の旅行時
2回目の利用で合計、私40ポイント、妻40ポイントが貯まります。私のフライトポイント40ポイントをまず、2回目の旅行で初めて駐車場24時間無料特典に替えて利用することができます。24時間無料特典は重複して利用することができませんので、妻の分は次回のフライトで使えることになります。
3回目の旅行時
3回目の旅行時には、私のポイントが0から新たに20フライトポイント加算され、合計20ポイントになり、妻のポイントは60ポイントになります。 今回妻のフライトポイント40ポイントを使って駐車場24時間無料特典を利用することができます。

まとめ

どうでしょうか。夫婦やカップルでそれぞれKIXカードを所有し、関空を利用するだけで、毎回24時間無料特典が利用できます。お得すぎますよね。私の場合は、家族全員が持っているので、普段は家族全員で漏れなく貯めておいて、たまに一人で関空を利用するときなど、いつでも24時間無料特典が利用できるようになります。ただ、フライトポイント専用端末機で家族全員の分を登録するのは、地味に結構時間がかかったりしますが(笑)年会費も無料ですし、関空を利用するのであれば、是非持っておいて損はないお得なカードです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です