デルタ アメックス VS デルタ TRUST CLUB プラチナVISA

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの特徴

  • 入会から1年間、デルタ航空スカイマイル上級会員資格「ゴールドメダリオン」を無条件で取得
  • 家族カード1枚目が年会費無料
  • 入会ボーナスマイルが最大33,000マイル

ゴールドメダリオンの特典

  • チケットオフィス等での発行手数料が無料
  • 専用チェックインエリアで優先チェックイン
  • 搭乗口での優先搭乗
  • 優先手荷物取扱い
  • 優先空席待ち
  • ワンランク上の「デルタ・コンフォートプラス」に無料アップグレードが可能(路線限定)

※メダリオン会員資格は基本カード会員のみの特典

2年目以降は、前年度のカード決済金額に応じてステータスが変わる

ご利用金額翌年度ステータス
150万円以上(12.5万円/月)ゴールドメダリオン
100万円以上(8.4万円/月)シルバーメダリオン
100万円未満取得なし

デルタアメックスカードをメインカードにして月12.5万以上決済すれば、翌年度以降もゴールドメダリオンの維持は可能です。

入会ボーナスマイルについて

  • 入会ボーナスマイルが8,000マイル
  • さらにファーストフライトボーナス(入会後6か月以内に新規購入のデルタ航空券をビジネスクラス利用の場合25,000マイルエコノミークラス購入の場合18,000マイル

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのデメリット

  • ゴールドメダリオン会員資格は本会員のみの特典であること
  • 家族旅行ではラウンジ利用は基本的に本会員しか利用できない
  • ゴールドメダリオン維持には年間決済額150万円以上する必要がある

ということで社用で一人でデルタ航空に頻繁に乗る方や一人で旅行する方にはメリットが大きいですが、家族連れとなると、ラウンジ利用が本会員に限られる点などはちょっと魅力が薄くなってしまします。


デルタ スカイマイル アメリカン‥エキスプレス・ゴールドカード公式

デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードの特徴

過去最高水準の入会キャンペーンを実施中

  • 初年度年会費半額
  • 最大67,500マイルが獲得可能
特典1入会から3か月以内に30万円の利用で初年度年会費半額相当キャッシュバック(2万円)
特典2入会ボーナスマイル10,000マイル
特典3ファーストフライトボーナスマイル ビジネスクラスの場合25,000マイル
特典4入会から3か月以内に50万円の利用で22,000ボーナスマイル+通常ショッピングマイル7,500マイル
特典5入会から3か月以内に10万円以上のリボ払いのショッピング利用で3,000ボーナスマイル

特典① 3か月以内に30万円利用で年会費がなんと20,000円になる。

通常年会費40000円+税ですが、半額の20,000円キャッシュバックされます。家族カードの利用分も換算されるので大きな買い物の予定のある方はらくらくクリアできます。

特典② 入会ボーナスマイル10,000マイルもらえる。

20,000円キャッシュバックだけでも凄いですが、さらに10,000マイルもらえます。入会するだけでもらえます。ちょっと意味がわからないですね。マイルの価値が1マイル2円だとするとこれだけで、初年度年会費分はペイできちゃいます。

特典③ 入会後6か月以内に日本発着のデルタ航空のフライトを購入航空券で搭乗した場合、ビジネスクラス搭乗の場合25,000マイル、エコノミークラスの場合10,000マイルもらえる。

  • ビジネスクラス航空券購入&搭乗25,000マイル
  • エコノミークラス航空券購入&搭乗10,000マイル

※特典航空券はカウント対象外です。

特典④ カード獲得から3か月以内に50万円の利用でさらに22,000ボーナスマイル+ショッピングマイル7,500マイル

もうさらに意味がわからなくなってきましたね。

3か月以内に50万円利用が必要なのでハードルは高くなりますが、キャンペーン期間が2020年1月16日~2020年6月30日までの申込者とのことなので、大きな買い物に合わせてカードを発行すると十分可能です。

特典⑤ 3か月以内に10万円以上のリボ払いショッピングで3,000マイルもらえる

リボ払いの利用なので、金利が発生するのと、少し手間がかかります。

現実的なマイル獲得ラインとすると

  1. 入会ボーナスマイル10,000マイル
  2. ファーストフライトボーナスマイル(エコノミークラス)10,000マイル
  3. 入会から3か月以内に50万円の利用で22,000マイル+7,500マイル

10,000+10,000+22,000マイル+7,500マイル=49,500マイルといったところでしょうか。

デルタ航空への搭乗なしなら39,500マイルです。

初年度2万円の出費で約40,000マイル~50,000マイルはまず獲得できることになります。


デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードのスペック

発行会社VISA
年会費40,000円(税抜き)
族カード年会費無料 配偶者、18歳以上の子供、両親
ポイント還元率1.5% (100円=1.5マイル】
ポイント有効期限なし
継続ボーナスマイル5,000マイル
空港ラウンジ利用可
デルタ航空ラウンジ年間最大6回利用可(6人で1回の利用も可)

デルタ航空は2020年8月までに羽田空港に大規模な専用ラウンジ「デルタ スカイクラブ」を開設予定。ラウンジ利用の利便性がさらに高まります。

  • 家族カードが年会費無料 (しかも申込書には2名分の記入スペースがありますので、少なくとも家族カード会員2名分は無料で発行可能ということだと思います。)
  • 何気に還元率1.5%を誇ります。年間100万円決済したら15,000マイルです。
  • 何より空港ラウンジが年間6回まで利用可能っていうのが優れています。


デルタ TRUST CLUB プラチナ VISA公式

デルタアメックスとデルタ TRUST CLUB プラチナVISAどっちが良いの!?

デルタアメックス ゴールド デルタ TRUST CLUB プラチナVISA
決済利便性
年会費(本会員+家族会員1名)税抜き26,000円40,000円(初年度実質20,000円)
年会費(本会員+家族会員2名)税抜き38,000円 40,000円(初年度実質20,000円)
マイル還元率(デルタ航空での利用3%1.5%
マイル還元率(海外での利用)1.5%1.5%
マイル還元率(国内利用)1.0%1.5%
継続ボーナスマイル8,000マイル5,000マイル
ポイント有効期限なしなし
空港カードラウンジ利用可利用可
デルタ航空ラウンジ本会員のみ利用可(回数制限なし)年間6回利用可(同行者可)
会員資格ゴールドメダリオン(翌年度以降条件あり)なし
スカイチームラウンジ本会員のみ利用可(回数制限なし)不可
優先搭乗不可
荷物優先取扱い不可
専用チェックインエリア不可
優先空席待ち不可
カード付帯保険最高1億円(詳細最高1億円(詳細


まとめ

  • 社用やプライベートで1人旅が多い方(スカイチームの利用が多い方)は、デルタアメックスゴールドがおすすめ
  • 家族で年に1、2度デルタ航空で海外旅行に行く方は、 デルタ TRUST CLUB プラチナVISA がおすすめ

マイル還元率はアメックスの場合、海外利用、デルタ航空利用に優位性がありますが、やはり日常決済1.5%還元のデルタ TRUST CLUB プラチナVISAが勝ります。

年会費は本会員+家族会員2名までは、どちらもそんなに変わりません。家族会員が3名以上になると デルタ TRUST CLUB プラチナVISA がお得になってきます。

社用で一人で利用、あるいはプライベートで一人旅が主な利用という方であれば、自由にデルタ航空専用ラウンジや、スカイチームラウンジが利用できるデルタアメックス一択。プライベートで年1,2回家族で海外旅行がメインという方でしたら デルタ TRUST CLUB プラチナVISA がおすすめですね。 同伴者も含め年6回までラウンジが利用できるのは大きいです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です