ANAスーフライヤーズカード(SFC)をVISAタッチ対応カードに切替えてみた

Visa タッチ決済とは?

コンビニエンスストアやスーパーマーケットをはじめ、暮らしのさまざまなシーンで普及が進むタッチ決済。レジにあるリーダーに非接触対応のVisaカード**をタッチするだけで、サインも暗証番号も不要*。スピーディーにお支払いが完了します。ご利用は、Visaのタッチ決済対応マークのある、全国の、そして世界のVisa加盟店で。世界基準のセキュリティ技術による「安心」も大切な特徴のひとつです。

*一定金額を超えるお支払いは、カードを挿し暗証番号を入力するか、サインが必要となります。

**非接触対応のVisaカードには、以下の非接触対応マークが記載されています。

海外では日本より普及しており、ロンドンやマレーシアの公共交通機関で日本のSUICAのように(正確にはポストペイのPitapaのほうが近い?)チケットを買う必要なく、そのままカードをかざすだけで改札を通ることができます。

慣れない海外でチケットを買う時間と手間が省けるという大きなメリットがあります。

国際的には標準仕様となりつつある非接触決済がようやく日本でオリンピックに向け、普及が始まった感じですかね。

VISAのタッチ決済(非接触決済)公式

国内で「タッチ決済」ができる加盟店一覧

日本ではマクドナルドが一番最初に導入したことで話題となりました。

まだ、非接触決済が導入されて間もないころにアメックスの非接触決済対応カードでマクドナルドのドライブスルーを利用した時の話。

店員さん(おそらくアルバイト)にカードを渡してクレジットでお願いしますと伝えたら、カードリーダーに通すのかなと思いきや、非接触決済のロゴを素早く確認すると、リーダーに通すのではなく、端末にかざして決済をしてくれたのを見て驚いた経験があります。

きちっとアルバイトの店員さんまで「非接触決済」の研修がなされているのだと思うと、しっかりした会社だなと感銘を受けました。


国際ブランド別、非接触決済の名称
  • VISA・・・VISA payWave
  • Mastercard・・・Mastercardコンタクトレス
  • JCB・・・JCB Contactless
  • アメックス・・・American Express Contactless
  • 銀聯・・・Quick Pass

コンビニ大手のセブンイレブンでも2020年6月より(オリンピック開始直前)タッチ決済の導入を始めるみたいです。

2020年6月(予定)より、全国のセブン‐イレブン20,964店 (2020年1月時点)においてType A/B(*1)によるクレジット、デビット、プリペイドの非接触決済サービスの取り扱いを開始いたします。

本サービスは、キャッシュレス決済の選択肢を広げ、よりお客様の利便性を向上させるため、店員にカードを渡すことなく、レジにあるリーダーに非接触対応のカード(クレジット・デビット・プリペイド)をかざすだけで、サインも暗証番号の入力も不要(*2)で、スピーディーかつ安全にお支払いが完了いたします。

セブンイレブン公式より

ようやくこの非接触決済マークが機能する時がやってくるのですね。

ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)をVISAタッチ機能付きに切り替えてみた

スーパーフライヤーズカードを取得して数年、カードの券面がどんどんボロボロになってきたので、無償でクレジットカード番号も変わることなく、タッチ決済機能付きに切り替えができると聞き、早速デスクへ依頼してみました。

ふっぴー

あのー、今もっているカードをタッチ決済付きカードに切り替えをお願いしたいのですがー・・・

オペレーターさん

かしこまりました。それではふっぴー様、ご本人様確認のため云々かんぬん…

家族カードをご利用の方の分も発行いたしますか?

お願いします。

オペレーターさん

かしこまりました。新しいカードの到着まで約1週間ほどお待ちいただいております。今しばらくお待ちくださいませ。

ふっぴー

どうもありがとうございました。

オペレーターの方も慣れているようで、非常にスムーズでした。

デスクに電話して3日後には発送の連絡が届きました。

2月19日デスクに電話
2月22日カード発送手続き完了の通知メール(14時頃)追跡番号の通知あり
2月23日簡易書留でカードが到着。

VISAタッチ決済搭載カード到着までデスクに電話してからわずか5日で、新しいカードが手元に届きました。早いです。

スーパーフライヤーズカードをタッチ決済対応に切り替えた理由

  • 海外での公共交通機関で切符を買う手間、時間が省ける。
  • 今後、国内でもタッチ決済が普及してくる。
  • 自己満足。

という非常に不純な理由です。

正直今の日本国内ではVISAは「ID]がかなり普及しているのでわざわざVISAタッチ決済をあえて選ぶ理由はそれほどないのかなと思いますw

新しい券面のデザイン変更

新しい券面

新旧カード比較

  1. スターアライアンスゴールドのロゴが右上に小さく追いやられている
  2. ANA MILEAGE CLUBの文字の位置が少し右側に変更
  3. 電波マーク(非接触対応マーク)が新たにプリントされている
  4. ICチップの形が変更されている
  5. カード番号、有効期限は変更なし
  6. 裏面の楽天のロゴマークが変更されている

新しいカードはピカピカです。(当たり前ですがw)

最近はクレジットカードをスワイプすることも減ってきたので、今手持ちのスーパーフライヤーズカードもそんなに見た目が汚くはありません。

昔クレジットカードにICチップが入る前は、スワイプがほとんどだったので、ストライプ部分がボロボロと剥げてきてましたよね。

あらかじめ分かってはいましたが、タッチ決済のマークが新たに印刷され、スタアラゴールドのプリントが右端に小さく追いやられてますw

でも実際新しい券面を見てみると小さいスタアラのロゴでも意外としっくりくる印象です。

ANAダイナースカードのスタアラゴールドのサイズ感と大体同じでしょうか。

VISAタッチ決済カード まとめ

  1. これから国内で順次タッチ決済可能店舗が増えてくる
  2. 海外利用時に時間短縮、手間が省ける、安全面向上といいこと尽くし
  3. 国内利用メインでは今のところあえて選択するメリットはそんなに多くはない。(現状はオリンピックに向けたインバウンド需要の取り込みメインか)
  4. 新しい券面はスタアラゴールドのプリントが小さくなったが、意外とバランスよく保たれている

ということで様子を見ながら利用範囲を広げていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です