SPGアメックスの紹介はこちらから!6月30日まで期間限定で75,000P

三井住友プラチナプリファードの口コミ、メリットとデメリットを徹底検証!

ふっぴー

こんにちはふっぴーです。先日、今話題の三井住友プラチナプリファードカードを申込みした!カードの概要、メリット、デメリット、お得な入会方法等をブログで口コミします。今後発行を検討する方などの参考になればと思います。

三井住友プラチナプリファードとは?

プラチナプリファードの特徴!
  • 「ポイント特化型プラチナカード」
  • 付帯サービスは必要最小限
  • プリファードストア「特約店」でポイント+1~9倍
  • 海外の利用でポイント還元率+2%
  • 入会月の3か月後の月末までに40万円以上の利用をすると、40,000ポイントプレゼント
  • 2年目以降前年の利用額に応じて最大40,000ポイントプレゼント
  • ターゲット層は年間クレジット決済額400万円以上

一言で言うとポイント還元に特化したクレジットカードという位置付けです。

年会費30,000円(税抜)
ポイント還元率1%~10%
ポイント名Vポイント
限度額150万~500万円
マイレージ還元(ANA)1ポイント=0.6マイル

プラチナプリファードは、マイ・ペイすリボやWeb明細利用による年会費の割引はありません。

三井住友プラチナプリファードのメリットとデメリット!

◎三井住友プラチナプリファードのメリット◎
  • クレジットの年間決済額が400万円以上で最大還元率が1.175%+α(特約店利用分)リボ払併用なら最大還元率1.675%+α(特約店利用分)となる。
  • コンビニや一休.comの旅行サイト等のプリファードストア(特約店)利用で還元率が(還元率+1%~9%)となる。
  • 外貨ショッピング利用特典として海外での利用では100円(税込)で+2ポイント、通常分と合計すると100円(税込)で3ポイントが貯まり、還元率は3%になります。
  • 年間100万円の決済毎にボーナスポイントが10,000ポイント(上限40,000ポイント)付与される。
  • Visaプラチナ・コンシェルジュ・センターVPCC(VISAが提供するコンシェルジュデスク)が利用可能。

プラチナプリファードの最大のメリットは年間決済額が400万円以上で獲得ポイント数が8万ポイント(リボ併用時で10万ポイント)付与される点です。ポイントは他社のポイントにも移行できるので、使い道は様々な選択肢から選ぶことができます。

マイ・ペイすリボのPoint!

「マイ・ペイすリボ」を利用すると、リボ払い手数料の請求がある月は、ポイントが+0.5%(還元率1.5%)となる。

リボ払いの手数料が1円でも発生すれば、その月の利用代金のすべての額に付与されるポイントが2倍となる。

×三井住友プラチナプリファードのデメリット×
  • 年会費が33,000円(税込)と高額。年間決済額が400万円以下であれば、年会費無料の楽天カード等のほうが還元率は高くなる場合もある。プリファードストア(特約店)の利用頻度、決済額により還元率は大幅に変わる。
  • 付帯サービスがほとんどない。あくまでポイント特化型プラチナカードという位置づけ。
  • ID決済機能がカード本体に装備されていないため、IDでの支払いはスマホ等の端末に限られる。
  • 券面がブラックなので、黒っぽい財布に入れると、財布の色と同化してしまい、カードスロットが多い財布だと見つけるのが大変。
  • VPCCはVISAが提供するコンシェルジュデスクであり、三井住友カードのコンセルジュサービスは付帯しない。
  • 「三井住友プラチナカード」はETC発行手数料、年会費とも無料であるが、「プラチナプリファード」は発行手数料500円(税抜)が必要、以降一年間の間に利用がなければ、500円(税抜)のコストが発生する。

年間決済額が400万円以下であれば、年会費が高額な分、年会費無料の高還元率カードのほうがお得な場合があります。ただし、その場合でも例えばエクスペディア等の宿泊予約サイトをよく利用する人は10万円の決済で1万ポイントも還元されるので、プリファードストア(特約店)の利用頻度が高い人はより高い還元率が得られます。

プラチナプリファードはこんな人にオススメ!
  • 陸マイラーだったけど、マイルの使い道が限られる中、ポイ活に路線変更した人
  • 一休.comやエクスペディアなどの宿泊予約サイトを常時使っている人
  • プリファードストアの利用回数、決済額が多い人
  • プリンスポイントをゴリゴリ貯めている人

プリンスポイントへの移行は下記記事より紹介しています!

プラチナプリファードは従来のプラチナカードのサービスを軽量化し、その分のコストをポイント還元に特化した正にコロナ渦の今の時代のニーズに最適化されたプラチナカードと言えます。

三井住友プラチナプリファードの位置づけ

三井住友プラチナプリファードは三井住友プラチナカードと三井住友ゴールドカードのちょうど中間ぐらいの立ち位置かと思います。ゴールドカードの申込対象は原則として満30歳以上ですが、プラチナプリファードは申込可能年齢がが20歳以上でありその点ハードルが緩和されています。とは言え、与信枠は150万円~となっているので、ある一定度のクレジットスコアは必要になってくるものと思われます。

三井住友プラチナプリファード発行から到着までのスケジュール

こんな感じのしっかりした箱に入って簡易書留で到着します。簡易書留のシールは箱には貼っていないタイプで郵便局員の方がお持ちの確認書類に直接印鑑を押して受領しました。あのシール剥がすと後が残って微妙なので、こっちのほうが綺麗に受け取れて気持ち良いですね。

三井住友プラチナプリファード申込から到着までのスケジュール
  • 2020年12月4日 (金) 20時頃 WEB上で申込
  • 2020年12月9日 (水) 9時頃 審査可決メール
  • 2020年12月10日 (木)  7時頃 Vpass登録確認
  • 2020年12月12日 (土) 14時頃 カード発送連絡(昨日発送したとの連絡)
  • 2020年12月13日 (日) 10時頃 カード到着(簡易書留)

公式にも記載のある通り、3営業日での審査可決でした。

金曜日の夜に申込み、土日を挟んだため、カード申込から到着まで9日かかりました。

箱をあけるとクレジットカードが張り付いた台紙と案内が数枚同封されていました。

完全なマットブラックという感じでもなく、少しパールが入っており、ある程度の光沢があります。

「PLATINUM PREFERRED」のロゴが角度によってミラー反射するのでお洒落度が増してます。

決済時に店員さんにカードを提示すると、氏名やカード番号が表面に記載されていないため、不思議そうに見られることが度々あります。今後はこのようなスタイルがメインになってくるのでしょうか。

斜めから見るとよくわかるのですが、カード側面もブラックに統一されているのでカード自体の高級感が増してます。恐らく素材全体が黒色のもので作られているので、角から塗装が剥げてくるような心配はなさそうです。

カードの裏面も黒で統一されています。裏面は結構ツルツルな感じです。

ID機能がクレジットカード本体には搭載されていないので、すっきりした券面です。カード表面にクレジットカード番号の記載がなく、裏面左側に4段で表示されています。今後このような形が増えるものと思われます。

サインを記入する欄がとても小さいので失敗しないように気を付けなければなりませんw

同封物一覧です。ポイント特化型カードのため、プラチナカードと言えどもサービスは至ってシンプルです。ポイント優待の冊子と一般的な保険関係書類が同封されていました。

プリファードストア「特約店」の一覧

カテゴリポイント還元率特約店
宿泊予約サイト+6~9%一休.com
エクスペディア
Hotels.com
交通+1~4%
ANA
ETC
タクシーアプリ「GO」
百貨店+2%大丸松坂屋
阪急百貨店
阪神百貨店
ライフスタイル+2%蔦屋書店
蔦屋家電
コンビニエンスストア+1~2%セブン-イレブン
ファミリーマート
ローソン 他
カフェ・ファストフード+1~2%マクドナルド
モスバーガー
ファーストキッチン
ドトール
エクセルシオールカフェ 他
スーパーマーケット+1%
アピタ
ピアゴ
ライフ
西友
オークワ
イズミヤ
京王ストア 他
ドラッグストア1%ココカラファイン
マツモトキヨシ
トモズ 他

個人的なおススメはコンビニエンスストアとスーパーですかね。大手コンビニであれば還元率+2%の計3%還元なのでまぁまぁおススメです。スーパーも大手スーパーが多数占めているので使いやすいと思います。あとはタクシーを利用する方なんかはタクシーアプリ「GO」でなんと+4%還元ですからね。凄いです。

注意点:Japan Taxiは2020年12月利用分をもって対象外となります。移行はタクシーアプリ「GO」に集約されるものと思われます。

プリファードストア「特約店」の利用には一部制限があります。詳しくは公式サイトプリファードストア(特約店)一覧にて確認してください。

三井住友プラチナプリファード還元率一覧表

年間決済額基本ポイントリボポイントボーナスポイント年会費ポイントー年会費/(リボ利用時)年間利用額に対する還元率/(リボ利用時)
1,000,00010,0005,00010,00033,000円-13,000円/(-8,000円)-1.300%/(-0.800%)
2,000,00020,00010,00020,00033,000円 -7,000円/(+17,000円)-0.35%/(0.850%)
3,000,00030,00015,00030,00033,000円+27,000円/(+42,000円)0.900%/(1.400%)
4,000,00040,00020,00040,00033,000円+47,000円/(+67,500円)1.175%/(1.675%)
5,000,00050,00025,00040,00033,000円+57,000円/(+82,000円)1.140%/(1.640%)

還元率は年間利用額400万円で1.175%で最大、リボ払い利用時で1.675%で最大になります。年間決済額が400万円を超えると、以降ボーナスポイントの付与はありませんので、還元率は下がっていきます。

Point!

プラチナプリファードはクレジットの年間決済額が400万円~500万円ある人が最もメリットが大きい。

三井住友プラチナプリファードのポイント移行先は?

ポイント移行先だけでもこれだけ多岐にわたるのでとても便利です。

※2021年4月1日(木)申し込み分より一部交換レートが下記の通り変更となります。

三井住友プラチナプリファードの入会は紹介経由がお得!

ふっぴーの初心者マイラーからの紹介(下記バナーからの申込)で三井住友カードのVポイントが2,000ポイント(2,000円分)プレゼント実施中です!

※ご利用金額の20%(最大8,000円)プレゼントはプラチナプリファードカードは対象外となっていますのでご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です