ヒルトン東京ベイにダイヤモンド会員として宿泊  アップグレード、子供料金、ラウンジレビュー

ふっぴー

こんにちは、ふっぴーです。今回子供を連れてヒルトン東京ベイにダイヤモンド会員として宿泊してきましたのでアップグレードとかラウンジの状況とかをレビューします。

ヒルトン東京ベイとは

ヒルトン東京ベイはディズニーランドが開業し、約5年後の1988年に開業した東京ディズニーリゾートオフィシャルホテルです。

ヒルトン東京ベイは今回で3回目の宿泊で、一回目は20年以上前に家族で宿泊させていただいたのが初めてで、2回目は中学校の修学旅行で宿泊させていただきました。

ホテルの客室で夜中まで騒いでいて、巡回の先生に鬼のように怒られたのが記憶に残っています。そんな修学旅行生も受け入れてもらえるとても寛大なホテルです(笑)

昔は東京ベイヒルトンと呼んでいたで未だヒルトン東京ベイと呼ぶには少し違和感があります。

個人的にも自分の成長とともに歴史を刻んできたホテルです(笑)

アクセス

ヒルトン東京ベイ公式サイトより引用

車でのアクセス

首都高湾岸線の葛西ランプ、もしくは浦安ランプで降りる。

ホテル駐車場は1台一泊3,300円、2泊4,700円、3泊以上6,300円と長く泊まるにつれ割安になっていきます。

ホテルのチェックインは15時からですが、空車がある限り、15時以前の駐車でも追加料金はかかりません。チェックアウト後は30分毎に260円(税込)の追加料金が発生します。

車で遠方からディズニーリゾートに向かう場合は、早朝到着でもホテルの駐車場に車を停めて仮眠することもできそうですね。

電車でのアクセス

JR京葉線・武蔵野線 舞浜駅下車(東京から快速で約15分)

舞浜駅からはホテル直行のシャトルバス(無料)で7分、もしくはディズニーリゾートライン リゾートゲートウェイ駅よりモノレールに乗車し、ベイサイド駅下車(約4分)。

米債と駅からはホテルまで徒歩1分です。もしくは無料の送迎バスで1分です。

徒歩1分なので、荷物が少ない場合は、十分歩いて行ける距離です。

ホテルへのチェックイン手続きについて

電車でアクセスする場合は東京ディズニーランドウエルカムセンターがおススメ

東京ディズニーリゾートオフィシャルホームページより引用

東京ディズニーリゾートウエルカムセンターで済ませるのが楽です。

舞浜駅を降りたら左側すぐすぐのところにディズニーホテルとディズニーリゾートオフィシャルホテルサービスカウンターがあります。

ウエルカムセンターでチェックインを済ませるメリット!
  • ホテルに向かわずともチェックインができ、部屋のカードキーもその場でもらえる
  • 大きなスーツケースや手荷物などを預かってもらえ、ホテルの客室に事前に搬入してくれる。※ただし、客室入室は17:00以降に限る

レイトチェックアウトの案内と、エクスプレスチェックアウトの案内もあり

チェックアウトは何時頃ですか?と聞かれたので、午後1時頃お願いできますか?と相談すると快諾していただけました。3連休なので、あまり遅い時間を伝えるのも気が引けるので(笑)

あと、デポジットとして数万円を事前にクレジット決済されました。

ルームサービスやエステなど利用されますか?と聞かれたので、利用する場合はさらに上乗せがあるのかもしれません。

僕たちは今回電車での訪問だったので、事前に手荷物を預けることができてとても快適でした。

公式:東京ディズニーリゾート・ウエルカムセンター

ヒルトン東京ベイ 子供の添い寝条件は?

ヒルトン東京ベイの添い寝条件は以下となっています。

添い寝は、ベッド1台につきお子様1名様までご利用いただけます。
6歳以上のお子様は大人と同額となりますので、ご予約の際は「大人」の欄に人数をご入力ください。
5歳以下のお子様が添い寝なさる場合は無料でご宿泊いただけます。
個別にベッドをご利用になる場合は料金が発生いたしますので、「大人」の欄に人数をご入力ください。

ヒルトン東京ベイ公式HPより引用

我が家は小学生子供が2人の4人家族なので大人4人で予約しました。

大人2人だけで予約しても、子供2人を含めた合計4人の宿泊でも宿泊料金はそんなに変わらなかったような気がします。

大人4人で予約したおかげでアサインされた部屋にはベッドが4つ並んでいました。

今までは添い寝で子供と一緒に寝ることが多かったのですが、一人一台のベッドだととてもよく眠れて体がとても楽ですね。大変有難いです。

ホテルのロビーの様子

20年ぐらい前に父親がここで写真を撮っていたのを思い出しました(笑)

夜間の様子です。カウンターが多数あります。

おなじみのダイヤモンド会員、ゴールド会員の優先チェックインレーンがあります。

ピーク時はどれだけ込み合うのかはわかりませんでした。

JR舞浜駅までの無料シャトルバスを利用することができます。

他にも羽田空港行きや成田空港行の空港リムジンバスもあります。(要予約)

電車だと羽田空港までだと乗り継ぎが結構大変なので、空港リムジンバスを予約しておくのがおススメです。結構人気らしいので

1月の3連休初日のダイヤモンド会員のアップグレードの実情は?

予約は一番スタンダードなヒルトンルームを予約しましたが、アップグレードしていただき、海側のセレブリオルーム(40㎡)にしていただきました。

海側で天気もよかったので、日の光がたくさん入り、青い海が綺麗に映っていました。

引用:ヒルトン東京ベイ公式HPより

予約した部屋ヒルトンルーム  (35~40m²) 

アサインされたセレブリオルーム(40㎡)

フロントに行かずにチェックアウトできるエクスプレスチェックアウトは上の電話機の操作のみでチェックアウト手続きが完了します。超快適です。

大人4人で予約したため、アメニティーも4人分用意してくださっていました

トイレとバスタブ、洗面台は同じ空間にコンパクトにまとまった感じです。

ヒルトンダイヤモンド会員限定のギフトだと思いますが、生チョコレートの用意がありました。Welcomeと書かれたカードの裏面には総支配人直筆のメッセージが・・・ありがたや。

エグゼクティブラウンジレビュー

エグゼクティブラウンジが利用できる条件は?

  • エグゼクティブルーム、エグゼクティブセレクト、セレブリオ スイートにご宿泊の方
  • ヒルトン・オナーズ・ダイヤモンド会員のお客様

となっています。

エグゼクティブラウンジ利用のPoint!
  • 宿泊者の人数分利用ができる。当方は大人2人小学生の子供2人の合計4人で利用できました。
  • 朝食もラウンジ利用であれば、宿泊者全員分が無料でいただくことが可能です。      
    レストランでの朝食はゴールド会員、ダイヤモンド会員は2名まで、それ以上は子供でも利用料金が発生します。

ということで、宿泊者分の人数でラウンジが利用できるのは大変ありがたいです。

さらに、朝食もラウンジでいただく分には子供の分も追加料金なしでいただくことができるので大変助かりました。

子供利用時のラウンジ利用条件や朝食料金などが調べてもネットには記載がなかったので、宿泊前にホテルに直接問い合わせをして確認をしました。

エグゼクティブラウンジの様子(イブニングカクテル時)

イブニングカクテルの時間帯は17:00~19:00

当初は、夕食はディズニーシー内で食べようと思っていましたが、すでに予約でいっぱいでしたので、面倒ですけどいったんパークを出て、ホテルのイブニングカクテルの時間帯に夕食をいたくことにしました。

結論、夕食として十分おなかが満たされる内容でした。

アルコール類はかなり充実していました。

氷結果汁が大量に(笑)

ジャガイモ、味がしみ込んでかなり美味しかったです。

白身魚 これもかなり美味しかったです

個人的にメインディッシュとなった写真左側の鶏のローストっぽいやつ。

デザートのケーキ類も大量にあります。もちろんホテルクオリティ。

エグゼクティブラウンジ(イブニングカクテル利用時)のPoint!
  • 十分夕食の代わりになる
  • 魚やお肉系の料理も少なくなれば、すぐに補充されるので急いで取りに行く必要がない
  • 宿泊日はごはん系の料理(白ごはんも)がなかったのは残念。変わりにジャガイモかパンで炭水化物を摂取(笑)
  • ディズニーリゾートから一時的にパークを出て夕食だけ食べて再びインパークするとホテルも楽しめるしディズニーも楽しめる

当方の場合は、一度パークを出て、モノレールに乗ってホテルに向かい、夕食だけとって再びインパークし夜のパレードを見ました。パークにいる時間は少し短くなりますが、ヒルトンダイヤモンドの恩恵を十分に得ることができるので非常におすすめですよ。ちょっと面倒くさいけど(笑)

3連休もあってか、イブニングカクテル時のラウンジは9割ぐらい埋まっていた印象です。

食事をとって、再びパークに戻るような感じの人はあまりいなかった印象です(笑)

エグゼクティブラウンジ 朝食利用時の様子

上段のハッシュポテトが子供に人気!サーモンやハム、チーズ類もたくさん

左からおかゆ、白身魚、ソーセージ、ベーコンだったと思います。

ハニートーストもあります。味付けは薄めなので、近くにあるはちみつなどで自分好みに調整が可能です。

うれしいことに白ごはんがあります。他の方のブログでは白ごはんの情報がなかったので個人的にうれしいポイントです(笑)

エグゼクティブラウンジ(朝食利用時)のPoint!
  • パンだけでなく白ごはんも用意されている
  • ダイヤモンド会員だけでなく、同室の宿泊者は全員利用可能
  • 補充も随時行われており、品切れの心配はあまりしなくても大丈夫

チェックアウトの手続きについて

エクスプレスチェックアウトが利用可能で、客室に備え付けの電話にてダイヤルを押すと、自動音声でチェックアウトの手続きが完了します。

最後に1階にあるキーボックスにカードキーを入れておしまい。

よくよく考えるとホテルの方とまともに話をしたのは、ディズニーリゾートのウエルカムセンターでの受付の方のみです。

かなりの客室数を誇るマンモスホテルなので、とてもシステマチックにオートメーション化がされてる印象でした。

ヒルトン・オナーズ アメリカンエキスプレミアムカードを所有し、年間200万円以上決済すると自動的にヒルトンダイヤモンド会員になります。

ヒルトンダイヤモンド会員への最短距離はヒルトン・オナーズ・アメリカンエキスプレスプレミアムカードの発行!

ヒルトン・オナーズ アメリカンエキスプレス プレミアムカード
  • カード利用と継続でウィークエンド無料宿泊最大特典2泊付与
  • ヒルトンゴールドステータス付与(クレジットカード年間200万円以上決済でヒルトンダイヤモンドステータス付与
  • HPCJ年会費 初年度無料特典
  • クレカ決済100円につき3ポイント付与(ヒルトン利用時は7ポイント付与)

年会費66,000円

ヒルトンアメックス公式入会キャンペーン

  1. ご入会後3か月以内に30万円のカード利用で30,000ポイント
  2. 30万円のカード利用で通常ポイント9,000ポイント

合計39,000ポイント

紹介プログラム利用時

  1. ご入会後3か月以内に30万円のカード利用で35,000ポイント
  2. 30万円のカード利用で通常ポイント9,000ポイント

合計44,000ポイント

紹介申込は公式よりも5,000ポイントお得!!

ヒルトン・オナーズ・アメリカンエキスプレス(一般)カードは発行するだけでヒルトンでの朝食2名分が無料!

下記のヒルトン・オナーズ アメリカンエキスプレスカードは、クレジットカードを発行しただけではラウンジ利用はできませんが、アップグレードでエグゼクティブルームにアップロードされた場合にはラウンジ利用ができます。さらに2名までの朝食が無料!

ヒルトン・オナーズ アメリカンエキスプレスカード
  • カード利用と継続でウィークエンド無料宿泊特典1泊付与
  • ヒルトンゴールドステータス付与
  • HPCJ年会費 初年度10,000円
  • クレカ決済100円につき2ポイント付与(ヒルトン利用時は3ポイント付与)

年会費16,500円

ヒルトンアメックス公式入会キャンペーン

  1. ご入会後3か月以内に30万円のカード利用で10,000ポイント
  2. 30万円のカード利用で通常ポイント6,000ポイント

合計16,000ポイント

紹介プログラム利用時

  1. ご入会後3か月以内に30万円のカード利用で12,000ポイント
  2. 30万円のカード利用で通常ポイント6,000ポイント

合計18,000ポイント

紹介申込は公式よりも2,000ポイントお得!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です